海外でも通用するヨガインストラクター国際資格といえば「RYT200」

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、米国バージニア州アーリントンにあるヨガインストラクター資格を認定する非営利団体です。
ヨガコミュニティの中では、世界で最も知名度が高く、世界70か国で通用する最も認知されたヨガの代表的な組織です。

現在は85,500人以上の登録ヨガ教師(RYT®)と5,700人以上の登録ヨガスクール(RYS®)があります。
全米ヨガアライアンス認定資格は「Registered Yoga Teacher」の頭文字を取り「RYT」と呼ばれ、修了カリキュラムの時間レベルに応じて「RYT200」「RYT500」となります。

200時間、300時間、500時間の3段階のレベルがあり、これを満たしたヨガインストラクターには、「RYT200」「RYT500」の資格・称号が与えられます。全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクターになります。 その他にも、キッズヨガティーチャー(RCYT)、マタニティヨガティーチャー(RPYT)などの特殊スキルヨガインストラクター資格もあります。

当校Japan Yoga Body Pro Academy も全米アライアンス協会の認定校に定められており、当校で受講をするとRYT200、RYT500、RCYT、RPYTの資格が取得可能となります。

コースのご紹介
RYT COURSE

RTY200

200時間のカリキュラムを通じてヨガインストラクターの基礎を学ぶコース。
将来的にRYT500その他資格などキャリアアップも目指せるヨガインストラクターの最初のステップです。

+300

RYT200取得後に300時間のプログラムを修了しRYT500となるためのコースとなります。
200時間と300時間は別の認定校での修了でも合算可。RYT200取得時とは違う認定校で300を受講する場合は、専門に特化した内容を提供している認定校で受講することをお勧めします。

RYT500

ヨガインストラクターRYT200の上級資格となるRYT500。
RYT200の認定者数に比べ、国内外でのRYT500の認定者数は少なく、今後の需要が高まることが予想されます。

RCYT

RYT200保有者のみ受講資格があり、RYT200の次のステージでもあり専門スキル資格、子供を対象としたコースとなります。
全米ヨガアライアンスの協会が定めた基準に基づくキッズヨガトレーニングを、認定されたスクールの指導者から95時間受講しRYCP資格を取得するコースです。

RPYT

RYT200保有者のみ受講資格があり、RYT200の次のステージでもあり専門スキル資格、妊婦を対象としたコースとなります。
全米ヨガアライアンスの協会が定めた基準に基づくマタニティヨガトレーニングを、認定されたスクールの指導者から80時間受講しPRYT資格を取得するコースです。